• Yuji Makino

日本人ゴルファーが海外に出ると飛距離の差を痛感する人が多くいます。 その差を埋めようとして怪我をする人もいます。

僕も海外のツアーに出てたのですごくわかります。 特に僕は全然飛ぶ方ではないので海外の選手にとてつもなく飛距離を置いていかれました。

でも僕は飛距離を無理に出そうとはしなかったように思います。 そして怪我もしませんでした。

何でそう思ったのか?

ゴルフはスコアで競います。 どんな飛距離でも数字さえ出せばいいと思ってました。 他の人の飛距離は関係ないと思ってプレーしてました。自分の世界に入ろうと。そして数字だけ出してその数字で競おうと思ってプレーしてました。

もちろん飛距離は欲しいです。めちゃめちゃ欲しい。もっと欲しい。もっともっと欲しい

でもすぐに飛ぶわけないし、飛ばそうとすることによって自分のゴルフが崩れるのは目に見えてます。

プロのゴルフは数字で競うから

あっ、偉そうに言うてますがこの考え方でいい結果が出たわけではありません。 さらにデータを見ると飛距離が出る選手の方が有利です。

なんじゃそら

でも飛距離が他の人よりなくても負けると決まったわけではない。

今では当時はもっと精度を磨く練習をすればと後悔しています

ツアー選手としては結果が出てない話でしたが何かの参考になれば